砥部焼陶芸館で風鈴を購入

本日、日露音楽文化サークル「ベリチョーザ」特別公演のコンスタンチン・シャムライのピアノリサイタルが、愛媛県の砥部町文化会館で開催されました。

リサイタルに向かう途中、少し時間が空いたので、砥部町文化会館のすぐ近くにある砥部焼陶芸館に寄ってみました。

砥部焼陶芸館では、陶芸体験もでき、もちろん展示販売もしています。

砥部焼の特徴は非常に頑丈で少々のことでは割れたりしません。日常で使うための食器が中心ですね。

砥部焼陶芸館にはいると風鈴コーナーが作られており、数々の風鈴が展示されていました。見ていると欲しくなり、小さめの風鈴を1つ購入。さっそく軒下に取り付けてみました。

扇風機の風と風鈴の音を聞くと気持ち涼しく感じますね。あと、蚊取り線香の匂いも加わり夏を感じさせます。

コンスタンチン・シャムライのピアノリサイタルですが、シューマンの「謝肉祭」、バッハの「ゴールドベルク変奏曲」いずれも素晴らしい演奏でした。リサイタル終了後、サインをもらったのですが、大柄でシャイなイケメンロシア人でしたよ。

投稿者: efu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です